鬼女の花園

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 4

58: 名無しさん@おーぷん 2016/07/11(月)14:33:30 ID:H4o
週末に義弟がノーアポで我が家に遊びに来て、グタグタ愚痴を言って帰った。


義弟は×1で、前の奥さんとは
「嫁が子育てにかまけて夫婦の時間がないのが寂しいから」と言って別れた。
続 き を 読 む

引用元:【可愛い】雑談スレID非表示【奥さま】part106

117: 名無しさん@おーぷん 2019/02/14(木)19:23:04 ID:???
夕方に息子の同級生(女の子)がチョコを持って訪ねてきたの
息子はよほどチョコを貰えたのが嬉しかったのか
同級生が帰った後にお仏壇のご先祖様に報告してたわw
続 き を 読 む

引用元:何を書いても構いませんので@生活板71

22: 名無しさん@おーぷん 2019/02/03(日)23:04:54 ID:2e5
母親がねずみの国が好きで、私も小さい頃からよく連れて行って貰えたので
ねずみの国が好き。で、親子で気兼ねなく遊びに行くのが恒例で、
少なくとも四季ごとに一回は連泊してがっつり遊びに行く。
そんなんなので、私は昔からあそこの華やかなお土産を選ぶのが凄く好き。
お店をじっくり回るのが好きで。

続 き を 読 む

引用元:スレ立てるまでもないが沢山言いたいこと op15

971: 名無しさん@おーぷん 2019/02/14(木)22:48:12 ID:XFe
もやもやを吐き出し。

5年前に旦那の転勤先赴任地で知り合ったAさんって人がいる。
その地で3年ほど趣味の習い事してて、Aさんにはそこで色々教えていただいた。
その人は私より3つぐらい年上の40代後半で独身。
習い事が終われば一緒にお茶して帰ったりしてた。
続 き を 読 む

引用元:スレ立てるまでもないが沢山言いたいこと op15

964: 名無しさん@おーぷん 2019/02/13(水)13:33:03 ID:wsm
次男夫婦とお試し同居した時の話。
元々私も夫も同居したくない派なんだが、次男夫婦にしつこく頼まれてのお試しスタート。
確かにうちは元々義父母と同居してたから部屋数はある。
でも、長男次男長女と3人独立してやっと夫婦水入らずになって
夫婦ふたりなら食事もあっさり簡単なものでいいし、
洗濯も少ないから楽になれた所だったのに。
続 き を 読 む

引用元:今までにあった修羅場を語れ【その26】

738: 名無しさん@おーぷん 2019/01/30(水)13:46:47 ID:vxv
20年以上前の話だけど赤ちゃんだった次男が全然太らなかった
背は伸びるけど同じ月生まれの子たちより体重が軽かった
離乳食をたっぷり食べさせてもお乳をたっぷり飲ませても太らなくて、
定期検診では保健師さんもお医者さんも首を傾げてた
なんでどうしてもしかして病院か?と旦那とともに本気で悩みまくった
続 き を 読 む


390: 名無しさん@おーぷん 2019/02/12(火)13:42:11 ID:8xT.3g.cg
旦那に「晩御飯がいらない時は一本連絡いれて。」と言ってるのに
絶対に入れないのはなんなのか。
特に自分で晩御飯のリクエストしときながらそのメニューを一人で食べて帰ってくる時は
わりと真剣に意味がわからない。
続 き を 読 む

引用元:今までにあった修羅場を語れ【その26】

826: 名無しさん@おーぷん 2019/02/13(水)18:23:14 ID:sr3
6本指の子どもの話を聞いたので思い出した話。

2年前に子どもを産んだ。
産まれた瞬間にに、先生や助産師さんや看護師さんの反応がなんか違って、
少し落ち着いた時に我が子が6本指で産まれたことを聞いた。
その場にいた旦那や後からきた姑に話がいって、
看護師さん達はよくあることだよーと言ってくれたけどなんだかお通夜のような空気だった。
続 き を 読 む

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part110

380: 名無しさん@おーぷん 2019/02/12(火)08:54:01 ID:ViC.gq.cg
ちょっと愚痴
義実家で表面的にうまくやってると思ってたけど全然だったわ
お姑さんが怖いけど、妹さん感じのいい人でたくさん話していたのになぁ
続 き を 読 む

*追記へ*

引用元:復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 6


958: 名無しさん@おーぷん 2018/12/17(月)19:52:40 ID:blU
ちょっとした仕返し。
夫が主任になって嬉しいんだろうけど、部下をしょっちゅう家に連れてくるようになった。
それはまあいいんだ。問題は抜き打ちで連れてくるの。
来る30分前にせめてメールくれればいいのに、
ほんとのほんとにドア開ける前までわからない。
続 き を 読 む

このページのトップヘ