鬼女の花園

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part98

102: 名無しさん@おーぷん 2018/06/14(木)12:02:45 ID:QXF
相談です。
実家の私物を兄嫁に勝手に某フリマアプリで売られた。
気付いたのは最近で去年からやってたみたいで何がどれだけ無いのかも
まだ把握し切れない状態。
とりあえず移動できる物は自宅に引き上げました。
続 き を 読 む

13: 名無しさん@おーぷん 2018/06/12(火)13:14:58 ID:pyj
結婚1年目を迎える前に浮気した夫。
浮気期間、半年。
腹立つのが会社ぐるみだったこと。
女を遊びの道具の様に扱って、夫と当時の浮気相手との進捗状況を
上司&同僚に報告してた事。
浮気相手の子は夫を独身男性だと信じてた。
可哀そうに。
続 き を 読 む

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part98

43: 名無しさん@おーぷん 2018/06/13(水)11:47:30 ID:P4Y
子供が生まれてから母と妻がよくトラブるようになった。
俺としては喧嘩してほしくないから両方の肩を持つんだが結局両方怒らせてしまう。
やりかたがまずいんだと思う。
だが正しいやりかたがわからん
この場合、母と妻にどう言えば二人を怒らせずにすんだのだろう?
続 き を 読 む

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part98

42: 名無しさん@おーぷん 2018/06/13(水)11:08:44 ID:0Sd
去年からずっと血液混じりの乳汁が続いていて、検査を重ねていたらガンが発覚した。
ごく初期のガンでステージ0。非浸潤だった。
速攻で手術をして、今は再発防止の為に放射線治療を受けている。
度重なる照射で軽い火傷みたいになって痛むし、治療後は少し気分が悪くなる。
気を遣った娘達が病院まで送迎を請け負ってくれて、
家族がいて良かったと目頭が熱くなったのも束の間、息子がはっちゃけた。
続 き を 読 む

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part98

71: 名無しさん@おーぷん 2018/06/13(水)19:05:13 ID:zWZ
信頼し尊敬する職場の上司の一人息子さんが
結婚するつもりでいると言う女性を連れてきたそうだ。
最初聞いた時は気が付かなかったんだが
最近になってその女性が私の知ってる人だと気が付いた。
その女性、大学時代“妊娠詐欺の女”と呼ばれていた人。
続 き を 読 む

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part98

18: 名無しさん@おーぷん 2018/06/12(火)15:40:40 ID:d9L
私は小学五年生の女子です。
家族は父と母と低学年の弟ふたりの五人家族です。
近所に祖父母と叔父夫婦がすんでいて、私の両親と一緒に会社を経営しています。
社長が祖父で、私の両親が会社を継ぐと言っていて、
ゆくゆくは私の父が社長になると聞いていました。
(そのために父に婿養子にきてもらったと母が言ってました)
広島の田舎の方ですが、お客さんもたくさんいて商売はうまくいっているようです。
続 き を 読 む

  • カテゴリ:
嫁が娘に過干渉で毎日親子喧嘩ばっかりしてる。

ケース1
娘が自分で弁当を作る→
娘が弁当が痛まないように冷ます→
嫁が台拭きの上に弁当箱を置いて冷ます→
娘が嫁に「手を出さないで!」と激怒→
嫁が「こっちの方が早く冷めるのに」と反論 
→親子喧嘩に発展
続 き を 読 む

引用元:何を書いても構いませんので@生活板62

270: 名無しさん@おーぷん 2018/06/11(月)22:10:30 ID:2Lx
うちの旦那は日々料理についてめちゃくちゃ褒めてくれる
食事時間の半分はその日に作った料理に纏わる話題
すごく美味しい!山ちゃん料理の腕上がったね!
これは懐かしのあの料理と似てるな、同じ調味料使ってたのかな?
これもうまいあれもうまい、この料理は今日から俺の好物に加わった! 等々
とにかくあらゆる角度から褒めてくれるし、
仕事で疲れてるのに毎日料理ありがとねと必ず労ってくれる
続 き を 読 む

引用元:その神経がわからん!その42

780: 名無しさん@おーぷん 2018/06/13(水)08:25:30 ID:rbG
旦那に私の個人通帳を見られた。
この通帳には祖父母の遺産(そこそこ高額)が入ってるから滅多に触る事もなく、
普段は私の私室の人目に付かないような場所に保管してたから
わざわざ家探しのような事をしたんだと思う。
続 き を 読 む

  • カテゴリ:
引用元:その神経がわからん!その42

802: 名無しさん@おーぷん 2018/06/13(水)16:31:56 ID:6MV
うちは共働きで、家事は出来る方がやる形式だった。
妊娠を機に妊婦にはきついだろうからと、仕事に支障がない範囲で
俺が家事の受け持ちを増やした。
出産をしてからも落ち着くまではこれでいいだろうと、出勤前に朝飯、帰宅時に買い物
帰り次第夕飯を作り、休日に掃除、洗濯を行った。
子供の世話に関しては嫁に教わりながら少しずつ覚えるようにした。
続 き を 読 む

このページのトップヘ