鬼女の花園

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その27

824: 名無しさん@おーぷん 20/11/15(日)11:33:54 ID:8Z.yx.L1

俺48歳独身・親と同居・アニメではない趣味ありのオタク。
彼女は約20年いない。
口では「結婚諦めた」と言ってたが、心のどっかで諦めてなかったんだと思う。
けど今年「諦めの瞬間」が訪れる音を聞いたのが衝撃。
続 き を 読 む

*追記へ*

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part124


434: 名無しさん@おーぷん 20/04/29(水)08:56:44 ID:o7.dk.L1

誰に相談したらいいかわからないしただの愚痴なのかなと思い書き捨て。
ちょっと一般とは異なる子蟻夫婦なのですが、
去年の夏に〇V騒ぎで生後4ヶ月の娘を連れてシェルターに逃げた後再構築。
続 き を 読 む

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part105

638: 名無しさん@おーぷん 2018/10/18(木)23:33:49 ID:abD
本当にただの愚痴。
不妊治療を経て子供を得た。
一応、妻側に問題なし、夫側の無精子のみが原因ってことで
タマタマから精子を取り出す手術を受けて
それで受精卵を作って妊娠出産した。
続 き を 読 む

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その27

810: 名無しさん@おーぷん 20/11/13(金)23:33:37 ID:zI.yd.L1

今自治会の役員が回ってきてるんだけど、役員の仕事の1つには
「新しく引っ越してきた住人の連絡先を確認してメーリングリストに追加する」
という仕事がある。
連絡事項は警察や消防や自治体からの情報や緊急時の避難経路など、どれも大切なもので、
基本はメールでまわしており、メールが使えないお年寄りはその人たちだけ独自に
自分たちで回覧板を回したり電話でやり取りしてる。
続 き を 読 む

引用元:何を書いても構いませんので@生活板97

818: 1/2 20/11/16(月)13:02:15 ID:lH.wu.L1

うちの旦那はリーマンショックの時に勤務先の建設会社が倒産し、無職になった
当時私が第一子を妊娠して仕事辞めたところで
これからどうなるの!?とお先真っ暗になったけど
旦那親が、義実家近所の空き家を安く借りる手配をしてくれて
引っ越しも義実家の人たちでお金かけないように協力してくれて
家賃が5万円浮いただけでもすごく助かった
続 き を 読 む

引用元:何を書いても構いませんので@生活板97

840: 名無しさん@おーぷん 20/11/16(月)18:59:01 ID:5c.bs.L1

書きすて。
同居人と暮らして、7年。
ほぼ自分が金を出してきた。年収が倍以上違ったし忙しくて
身の回りのことをサポートしてくれたので感謝していたくらい。
同居人がコロナで無職になってから、様子がおかしくなった。
続 き を 読 む

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その27

816: 名無しさん@おーぷん 20/11/14(土)09:19:31 ID:Q9.gq.L3

娘が年長だった頃の出来事。
娘が気に入っていたニット帽が無くなった。
何処かに置き忘れてきたんだろうか、何処かに落としたんだろうかと
探しても探しも無いことに娘も私もショックだったけど
そのうちひょっこり出てくることを祈っていたら
近所のママ友Aさんの娘さんが同じニット帽をかぶっていた。
続 き を 読 む

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その27

795: 名無しさん@おーぷん 20/11/12(木)13:39:04 ID:P4.gq.L1

つい最近、結婚3年目にして、旦那が甲殻類アレルギーを発症した。

エビもカニも全部駄目になって、エビカニ大好きな旦那はここのところずっと元気がない。
あまりの落ち込みようにアレルギー対応のカニカマみたいなの無いかなと
探していたのだけど、後ろからタブレット画面が見えたらしく、
「どんなによくできた代替品でも食べたら絶対に本物が食べたくなるから」
と完全なシャットアウトをお願いされた。
気持ちはわかるので、私も一緒にエビカニ断ち。
続 き を 読 む

引用元:何を書いても構いませんので@生活板97

869: 名無しさん@おーぷん 20/11/17(火)09:00:54 ID:xt.zy.L2

唐突に思い出した高校時代の話。
根暗コミュ障人見知りの三点セットなのでクラスのヒエラルキー上位に
いろいろわかりやすくいじめを受けてて結果白髪が出来るとか色々あったんだが、
あくる時学校内の合唱コンクールをやる際のピアノ伴奏を募集してて、
誰だったかが「先生ー**(=私)が伴奏やりたいってー」と勝手に手を上げて推薦。
続 き を 読 む

このページのトップヘ