鬼女の花園

引用元:その神経がわからん!その49

606: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/08(月)22:26:41 ID:XJk.ae.72
宗教関係の話だけど元カレの親に草加と勘違いされた
結婚の話が出て元カレ一家を我が家へ招いた時に、
勝手に元カレ親が仏間へ忍び込んだんだよね
そんで置いてある仏壇仏具やお経の本?を見て私や私の親に草加なのかと
半ギレで問い詰めてきた
続 き を 読 む

引用元:その神経がわからん!その49

623: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/09(火)19:21:25 ID:WXC.av.cu
夫があんなに無責任な人間だと思わなかった。
夫はバツ1で前妻さんとの間に2人の子供がいる。
(子供達は2人とも前妻さんのところです。)
子供達の養育費を毎月夫個人の通帳から払っているはずだったのに、
ここ2年ほど1円たりとも払ってなかったらしい。
続 き を 読 む

*追記へ*

引用元:その神経がわからん!その49


585: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/08(月)10:09:16 ID:Jjo.gb.12
プロポーズされたんで彼の実家へ挨拶に行ったら彼父から
「息子との結婚は認めない!さっさと出てけ!」とお茶ひっかけられて追い出された。
彼は謝ってくれたけど、他人からお茶をひっかけられるという初の体験にショックで
同棲してるマンションではなく実家へ帰った。
続 き を 読 む

引用元:何を書いても構いませんので@生活板74

273: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/09(火)23:46:12 ID:xDr.pp.a6
結納と入籍だけして結婚式を挙げる予定はなかったけど、
旦那実家のおばあさまがどうしても一人孫の旦那に式を挙げてほしいというので
急遽ささやかな家族婚をすることになった。
続 き を 読 む

引用元:今までにあった修羅場を語れ【その15】

746: 名無しさん@おーぷん 2016/01/07(木)08:47:51 ID:u4l
旦那兄夫婦の修羅場を目の当たりにした。
義兄夫婦のところに女の子が産まれたとの報告を受けた。
私達夫婦のところは当時小梨で、義兄以外に兄弟はいないので
旦那にとっては初姪。
出産祝いをもって義兄宅を訪れたんだけど、赤ちゃんに構っているのは義兄だけ。
義兄嫁は赤ちゃんをスルーというか、関心がないようだった。
続 き を 読 む

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part109 

384: 名無しさん@おーぷん 2019/01/18(金)11:41:24 ID:kjt.nq.yl
愚痴

姉妹(私27歳、妹25歳)でそれなりに仲良くしてきてたけど
末っ子気質というか都合良く自分中心に周りを振り回したりするところが
大人になってから無理になってあまり話してなかった
続 き を 読 む

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part110

156: 名無しさん@おーぷん 2019/02/08(金)00:37:51 ID:PLY.kz.fv
この人生やだ。
2歳のイヤイヤと一歳の後追い
さらに転職と無職を繰り返す態度のでかい旦那。
無職期間は夜中にゲーム三昧。
昼間は寝ていて家事はしない。
家事育児仕事わたし。
続 き を 読 む

引用元:友達をやめる時 inOpen 4

412: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/06(土)23:10:38 ID:E9H
ありのまま過ぎるA
趣味が合うから一緒にイベントに参加したり食事に行ったりする仲
お互いに30なんだけど、彼女がありのまま過ぎた
彼氏が欲しい結婚したいと言うわりには、服装や身だしなみに無頓着
毛玉だらけのトレーナーを着た眉毛が繋がりかかった素っぴん
(本人は日焼け止めを塗っているから薄化粧と言い張る)の30歳に彼氏は難しいと思う
続 き を 読 む

引用元:何を書いても構いませんので@生活板73

781: 名無しさん@おーぷん 2019/03/27(水)14:18:03 ID:Crg.5l.h3
「自分の大切な物(趣味の物)を妻(夫)に勝手に捨てられた」系の話を
まとめサイトでもツイッターでもよく見かける
私も自分の物差しで人の物勝手に捨てる人はどうかと思う
確認も忠告もなしにいきなり捨てるとか完全アウト
まとめのコメント欄でも捨てようとしてる(捨てた)方が叩かれる傾向にあるよね
でも私は溜める方にも非があるケースは多いと思ってる
続 き を 読 む

引用元:その神経がわからん!その49

583: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/08(月)08:12:54 ID:vgd.wb.s7
先日夫から聞いた神経わからん話
私と夫は前職場で出会って社内恋愛を経て結婚しました。
その職場には、当時未婚女性が私を含め三人勤務していました。
そこに派遣で来ていた関西訛りの人(以下関西さん)が、
私の出身地域が関西さんの出身地域と近い(京都と滋賀みたいな距離)と聞いて、
滅茶苦茶絡まれるようになった。
続 き を 読 む

このページのトップヘ