鬼女の花園

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談Part23

272: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)10:55:07 ID:Wzx
誕生日のお祝いに旅行とプレゼントを渡そうとしたんだけど
プレゼントは「いらない」でいくら聞いてもそれ
身の回りの品は前回、前々回であらたか買ってるから思い付かない。
モヤモヤする。
続 き を 読 む

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談Part23

245: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)01:23:28 ID:xRn
結婚して半年。遠距離になってから付き合い始めたので、同棲期間はなく、
一緒に住み始めたのは入籍してから。
結婚後、夫は毎日夜7時位に帰宅、11時から12時くらいに寝る生活をしているが、
帰宅から睡眠まで、食事と風呂以外はずーっと携帯ゲームしてる。
土日は出かける予定がなければ朝から夜までずっと。
続 き を 読 む

引用元:既婚男性雑談スレ2

765: 名無しさん@おーぷん 2016/02/03(水)14:54:23 ID:Jes
嫁が一回り下なんだが、それだけでギャル・かわいい認定されていて
非常に困っている。


上司に嫁いくつ?と聞かれ、20代ですとはぐらかしたんだが
しつこく聞かれ本当の年齢を言ってしまった。
続 き を 読 む

引用元:何を書いても構いませんので@生活板 18

929: 名無しさん@おーぷん 2016/02/03(水)18:42:19 ID:gH7
エネme話で叩かれそうなので書き捨て。
結婚して15年、もう本当にエネmeだった。
頭にお花が咲いて、いい格好しいだった。


「私さえ我慢すれば」「子供ができたら、この人もきっと変わってくれる」
「告げ口なんてはしたない」「頑張りはきっと誰かが見ていてくれる」
「誠意の通じない人なんてこの世にいるわけない」
全部本気で思ってた。
続 き を 読 む

引用元:その神経がわからん!その17

142: 名無しさん@おーぷん 2016/02/03(水)20:31:05 ID:Rae
旦那&息子1歳とスーパーに買い物へ行き、精算を終えて
サッカー台で袋に詰めていたときの話です。
息子はベビーカーに乗っていました。


ちょうど同じサッカー台に来たお客さんのお子さん
(女の子・息子と同い年ぐらい)もベビーカーに乗っており、
偶然ベビーカー同士が向かい合う配置になりました。
続 き を 読 む

引用元:何を書いても構いませんので@生活板 18

937: 名無しさん@おーぷん 2016/02/03(水)20:22:27 ID:Ynq
離婚記念投下。


旦那の浮気に最初に気付いたのは一昨年の秋頃。
私はペーパードライバーで、車を使うのは専ら旦那だった。


ある時、いつものように旦那運転で私が助手席に乗り込んだら
シートベルトの金具の部分に長い髪の毛が絡まっていた。
続 き を 読 む

引用元:今までにあった修羅場を語れ【その16】

409: 名無しさん@おーぷん 2016/02/03(水)22:17:42 ID:apq
ずっとずっと昔の話
妊娠が発覚してからすぐ夫が事故に合って亡くなった
実感がわかないままバタバタと過ごし葬儀やらなんやらが終わってからは
お腹の痛みもあって引きこもりながら過ごしてた
続 き を 読 む

引用元:奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.3

388: 名無しさん@おーぷん 2016/02/03(水)11:01:24 ID:yuf
私含め低IQのDQNしか出てこない話なので、
イライラしたくない方は読まない方が良いかもしれないです。


高校が同じで、私が大学進学してからもよく遊ぶ友達(以下A子)がいた。
A子は調理師の専門学校に進み、私より早く社会人になった。
お互い酒タバコがダメでドライブとカラオケが趣味だから気が合って、
2人で旅行に行ったりお互いの家に泊まりあったり親友といっても良い仲だった。
続 き を 読 む

引用元:その神経がわからん!その17

140: 名無しさん@おーぷん 2016/02/03(水)20:06:13 ID:chA
元旦那には報告の義務は無いが昨秋に再婚をした
子供達も現旦那に懐いてるから、混乱させたくなくて、
今まで月1回の面会だったけど、結婚してから理由を付けて断っていた
続 き を 読 む

  • カテゴリ:
引用元:その神経がわからん!その17

112: 名無しさん@おーぷん 2016/02/03(水)00:02:50 ID:2Qj
母親が亡くなり、
「オレは彼女の一番の理解者だった」とほざくクソ親父。


「オレの兄弟姉妹達は、年に何度も本家のオレのとこに泊まりに来たのに
 どうして妻は結婚した後、実家に泊まりに行かなかったんだろうな?」
続 き を 読 む

このページのトップヘ