resize (1)


229: 名無しさん 2014/04/02(水)16:35:59 ID:N3LFV4Unm
 
小学生の時、一時期ひとりで暮らしてた。 
ことの始まりは、両親が離婚前提で別居することになって、私は母親についていったこと。 
アパートを借りて、母と姉と私の三人で住むことになった。 

別居の理由の一つが、母の病気で、母は入退院を繰り返してた。
で、母がまた入院をしたんだけど、気づいたら
姉が家に帰ってこなくなった。
その時点で、父親とかに連絡すればよかったんだろうけど、
なぜか連絡しなかった。
それでしばらく一人暮らし。


でも、周りに知られないわけがない。
私がひとりだって知ったのか、父が家に様子を見に来た。
味噌汁作って帰ってったってことしか覚えてないんだけど。
結局、それから、またしばらくひとりで生活してた。
それで、そのあと、母の育ての親に預けられた。

大人には、小学生をひとりで生活させてたことが修羅場だったのかも。

当時の私にとっての修羅場は、預けられた家が遠くて、
満員電車にランドセル背負って登校しなきゃいけなかったことだった。


母の育ての親の墓が取り壊されたことを知らされて思い出したので、初書き込み。


230: 名無しさん 2014/04/02(水)23:20:43 ID:hh0kp1N2N
 
>>229
壮絶な話なのに、すごく淡々とした書き込みだね。
色々聞きたいことあるけど、預けられた先の近くに転校したり父親のところに行くわけにはいかなかったの?
あと姉どうした…。
>>229のこれからの人生が幸せな事ばっかりになる呪いかけとくね


231: 名無しさん 2014/04/03(木)08:05:13 ID:HFWcxAlYP
 
父親はまじで見に来ただけか


232: 229 2014/04/03(木)09:45:48 ID:5kjc4t748
 
わああ、レスがついてる!呪いもありがとうございます。
淡々としちゃったのは、感情をいれちゃダメかなと思ったからです。


>>230さん
転校しなかったのは、父方と育ての親の仲が険悪だったので、意見がまとまらなかったのかなと思ってます。
それか、母が退院すると思ってたのかもしれません。
母の死後は、父方に引き取られました。

姉はもう大人だったので、行く場所はたくさんあったんですよね。
帰ってくるのが面倒くさかった、みたいなことを言ってた気がします。

>>231さん
父は、あと何かを買ってきてくれてました。
たぶん、その訪問の前後で私がひとりでいることに気付いたんだと思います。
私は誰にも言ってなかったので、どうして知られてしまったのか、いまだに謎です。


最新記事