引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その18

343: 名無しさん@おーぷん 2017/05/15(月)21:59:31 ID:twe
小学4年生の頃、夢を見た。
夢の中の私は2歳か3歳くらいで、祖母の運転する車の助手席に座っていた。
車が次第に不規則に左右に蛇行しだし、幼心に不思議に思い横を向くと
祖母はハンドルを握ったまま、俯いて目を閉じていた。
おばあちゃん寝てる、と思ったのとほぼ同時にクラクションが聞こえた。
目の前には交差点が迫っていた。景色が一気に白くなり、夢はそこで終わった。

翌朝、変な夢見たよー!すごい!と笑いながら両親に夢の話を伝えると、
サッと両親の顔色が変わった。
予想外の反応に困惑する私に告げられたのは、「隠しててごめん」という謝罪だった。


夢は夢でなく、昔本当に私は祖母の運転で交通事故にあっていた。
両親曰く、私が覚えていないようだし、
祖母を嫌いにならないように、無かったことにしたと。
私の眉間の少し上には小さな傷があるが、それも事故の時のケガだと言われた。
(それまでは、自分でローテーブルにおでこをぶつけて作った傷だと言われていた。
ひどい)


フタをしていた記憶が夢という形であんなにも鮮明に蘇ったのが、
自分にとっては不思議で、すごく衝撃的だった。
それからというもの、祖母の運転する車に乗るときは、毎回少し緊張した。
もちろん祖母のことは今でも大好き。

346: 名無しさん@おーぷん 2017/05/16(火)08:03:00 ID:rKN
>>343
人間の記憶って不思議だなぁ
お祖母さんのこと嫌いにならなくて良かった
ごまかすためとはいえ顔の傷の嘘理由が理不尽w

349: 名無しさん@おーぷん 2017/05/16(火)10:07:21 ID:7U8
>>346
傷の理由を曖昧なままにしたり、
言わなかったりしたら余計に追及するからじゃないかな
それよりも、事故を起こした後も我が子を
祖母の運転する車に乗せる両親の神経が判らんわ


最新記事