引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その21

592: 名無しさん@おーぷん 2018/03/12(月)23:37:31 ID:EyU
すげえ、と思った兄嫁のキラキラネームに対する意見
文才ないし一字一句覚えているわけじゃないから、伝わりにくかったらゴメン
俺の従兄弟とその嫁がはっちゃけちゃって、四人いる子供全員にキラキラネームつけた
例えば長女瞳愛(あいな)、長男虎愛(たいがあ)、次女兎愛(らびな)、次男聖愛(せいあ)
避妊せずに考えなしで作っちゃったらしくて、全員ほぼ年子みたいになってしまってる
もちろん面倒を見るのは従兄弟の親たちで、頻繁に祖父母ん家にも預けてる

3月11日の被害者が俺の親戚の中にいて、あと俺の母親が3月12日が命日だから、
祖父母の家で法事があったんだけど、そこに今回の法事に関係ない従兄弟嫁が
「人いっぱいいるからついでに面倒見てー」と未就学児の猿を連れてきて
親族の怒りをかうことに
他にも被害者の遺族が子供連れて着たりしてたけど、
みんな喪服着て意味を理解して静かにしてたし
その子たちは元保育士の兄嫁が面倒をみてくれてた
兄嫁は法事の円滑な進行のため、猿4匹を引き連れて外に行ってくれた


そしてしばらくすると、今度は従兄弟嫁のキーキーした叫び声が聞こえてきた
原因は兄嫁が猿を「従兄弟家の一番、二番、三番、四番」と番号で呼んでいたから
「番号で呼ぶなんてモノみたいな扱いしないで!」とヒステリーを起こした従兄弟嫁の頭は
当てたばかりのパーマのせいかクルクルパー
でも兄嫁は番号呼びをやめなかった
代わりにカバンからなにかの部品を取り出した
兄嫁「これが何か知ってますか」
従兄弟嫁「知らないわよ!」
兄嫁「あなたのスマホの部品にも使われてますよ」
従兄弟嫁「だから何!」
兄嫁「これは○○(忘れた)って言うんです。
人間はね、名前がついているものは認識できますが、
名前のないものは認識できないんですよ」
従兄弟嫁「うちの子には名前がある!」
兄嫁「他人が読めない名前なんて、他人からしたら名前が無いのと同義ですよ。
名前がなければ存在が無いも同じ。私からしたらあなたの子供なんて、人間、子供、
って認識しかできない。個体差を出すためには私がわかる名前をつけないと
私は違いが認識できない」
兄嫁はそう言って猿4匹を母親に突き返してた
あと強制的に保育料を没収していた


親族一同兄嫁に感謝しまくりだったけど、
俺は兄嫁のキラキラネームに対する考え方に衝撃を受けた
本当はもっと解りやすく説明してたけど、俺の頭で覚えられたのはこれだけ
確かに、車は車だって認識できるけど、ボンネットをあけても、
エンジンとか知ってるものは個別に認識できる以外、
その他の名前を知らない部品は俺にとって「車」でしかない
個別に認識できない
そりゃキラキラネームが医療事故にもつながると思った


テレビで林先生もキラキラネームが問題になる理由を語ってたけど、俺は兄嫁さんの
「存在を認識できない」って言い回しに目からウロコが落ちる気持ちだった


最新記事