引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part105

763: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)23:36:45 ID:9aL
嫁がよく背中を攣る
肩甲骨のあたりの筋の部分が原因のようで
そこが攣ると横隔膜に影響があるせいか、息ができなくなる
あと内蔵にもダメージがあるみたいで、病院で指摘された
嫁は自分の背中が見えないからどこをどう攣ったのかわかってないようだ
俺から見ると、肩甲骨と背骨の間にある筋肉を攣ってるようだ
俺が指で思いっきり押さえると、攣っているのがおさまる

この辺ってどういう大勢をとると攣りやすい?
あと攣ったときは自力で伸ばすにはどうしたら良い?
低周波治療機を買ってみたんだが、背中だと自分で貼りにくいらしく
あとどこに貼ればその筋肉がほぐれるのかわからないらしい
筋肉に詳しい方がいたら教えてほしい


あと、背中が攣りやすい状態になっていると、同時に肩がものすごくかたくなっている
嫁が言うには、筋肉が固まりすぎて神経が鈍っているらしく、
ボールペンのような細いもので思い切り押されても痛みが無いらしい
こうなると首も可動範囲がとても狭くなる
よく運動不足じゃないかと言われるが、嫁は毎日一時間ランニングしてるし
肩をまわしたり、首をまわしたりのストレッチは毎日してるが、
俺が揉む限り全く改善していない
解っている原因としては、冷えるとそうなるらしく、
カイロを貼ると劇的に症状が良くなるが、低温やけどもしやすい
背中や肩を凝ったり攣ったりしないような良い方法やストレッチは無いだろうか?

764: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)23:42:11 ID:qhZ
>>763
床に寝っ転がってる時につりそうになることはある。
から背中の筋肉が盛り上がってて、真ん中は床につかないから自然と左右に引っ張られる。
その力がかかってつりそうになるから体をひねって回避してる。


ちなみに仕事柄たまに重くて小さい金型を持つんだけどその頻度が高かった、
またはデスクワークが多かった時に多いかな?
ポーズ的には極端なことを言うとだっちゅーのみたいな感じ

766: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)23:50:28 ID:Ydu
>>763
病院受診済ならば外科的問題はクリアしてるという前提で
筋肉を図解した本などで具体的にどこの筋がつるのか特定し、
そこが硬くならないように生活改善するのがいいと思う
まずは正しい姿勢を取ること、それと周辺の筋肉が固まれば当然血行は悪くなる
肩甲骨がその下にガチッと固定された状態ではなく、
腕を動かすと肩甲骨も外転・内転する状態を作れるように
色々研究してみて

792: 名無しさん@おーぷん 2018/10/22(月)12:33:00 ID:cNz
>>763
胸郭出口症候群でググって、そこに出てくるストレッチやると効くと思うよ
症状自体はペインクリニックとかで、ブロック注射とか温熱治療とかで緩和出来ると思う
筋肉の収縮は早めに治療しないと治らなくなるから気をつけてね


最新記事