引用元:■□■ チラ婆のチラシの裏 ■□■ part.23

760: 名無しさん@おーぷん 19/08/16(金)19:58:22 ID:???
婆の姑がね、ちょっと怖い人だったのよ
初対面の時点で「息子を奪った女」として婆を敵視してきてね、色々なことをされたわ
それでもお姑さんだからと思っていたのだけれど、
気づいた爺が母さんに関わらないでいいって言ってくれて
姑にも「嫁に近づかないでくれ、家に来ないでくれ」って言ったの
それからは没交渉だったわ

それが去年、舅が亡くなって、姑も一人暮らしが辛くなったから
ホームに入ることになったの
最後の義理立てだと思って家の片づけに行ったのだけど、そこで姑に言われたの
姑自身、舅の母親から相当いびられたそうよ。
ホウキで痣になるくらい背中を叩かれたり、真冬に薄着で家の外に放り出されたりね
いびりというよりは虐○のようなものだわ
ポツポツと、「それでもお父さんは庇ってくれなかった。
あんたは息子に守られた。羨ましい、恨めしい」と言われたの
爺は昔から姑をひとり庇っていたみたいで、姑にとってはそれが唯一の拠り所だったのね
だから私を敵だと思ったみたいよ


舅が味方だったら、姑も鬼みたいにならなかったのかもしれないのよ
なんていうか、うまく言えないけど空しい気分になってしまったわ

761: 名無しさん@おーぷん 19/08/16(金)21:53:13 ID:???
>>760
時代もあるのだと思うわ
舅姑に仕えるのが当たり前の時代とそうしなくても世間が許すようになった時代
狭間の人たちの不公平感というか喪失感というか、そういうのは結構大きいと思うの
ただ、自分が辛い思いをしたら次の世代には同じ思いをさせまいと考えられると
よかったのにね
それが出来なくて息子さんまで失ったのは自業自得とは言え悲しいことよね


最新記事