引用元:何を書いても構いませんので@生活板92

107: 名無しさん@おーぷん 20/07/22(水)03:07:43 ID:RR.gx.L1

私と旦那の出会いは交通事故

自転車に乗ってる時に後ろから車に衝突されて押し出され、電信柱に激突
そばを歩いていた男性(後の旦那)が119してくれて、ずっと声をかけていてくれた


その声掛けが変わっていて、普通は
「大丈夫ですか?」「救急車呼びましたからね」「すぐ来るから頑張って」
とかだと思うんだけど、
男性は
「好きなカレーのトッピングは何ですか?」
「そこの歯医者、前はセブンイレブンだったって知ってます?」
「中華とイタリアンだったらどっち派ですか?」
「さっき靴下に穴空いたんですよ、ほら。甲に」
「(私の目の前でチョキをして)指、何本たってます?」「当たりです」
「(私の手を軽く握って)これと同じ位の力で握り返してください」
「大丈夫そうですね」
「元気になったら飯いきません?」


後に元気になって、本当に一緒にご飯行った時に聞いたら
「救急車が来るって聞くと、安心して気力が保てなくなるんじゃないかと思った」
「だから頭を使う質問をしたらいいんじゃないか、と咄嗟に考えた」
「指が何本かは目や脳に、手を握ったのは腕に、異常がないか調べるため」って


それから、付き合うことになり結婚
和解して仲良くなっていた車の運転手さん(私たちと同年代の女性)にも
結婚式に来てもらって楽しく挙げました


最新記事