引用元:何を書いても構いませんので@生活板102

109: 名無しさん@おーぷん 21/02/06(土)17:58:24 ID:GA.pa.L1

しばらく前に70過ぎの祖母が脳梗塞で倒れた
幸い祖父がすぐに発見して救急車を呼んだのできちんと治療を受けられて
無事退院できたんだけど不思議な状態になった
なんと祖母は鏡を理解できなくなっていた


鏡に映っている自分の顔に化粧をしようとして
「このガラスのせいで化粧ができない」みたいなことを言い出したり、
鏡に向かって手を伸ばしたりして「ガラスが邪魔で鏡の裏側にあるものが取れない」
みたいなことを言い出すようになった
でも鏡を取り上げて手の感覚で化粧をさせるとちゃんと自分の顔に化粧をする
(ただし上手くはできない)
認知症かと思ったけど病院で検査してみると
知能は正常で認知症にはなってないとのことだった
むしろ平均的な同年代と比べても頭はしっかりしているほうだとのこと
なんでも鏡を理解するには脳の空間認識に関わる神経が必要なんだけど
MRIによるとその神経がある当たりの一部が壊死してるとのことで、
そのせいで鏡に正常な対応ができなくなったのだろうと診断された


祖母は鏡が関わらなければ日常生活は問題なくこなせる
家事炊事はもちろんお金や数の計算もできるし計画的に買い物もできるし
ニュースを聞いて政治の問題などにコメントもできる
試しにクイズだと言って鏡やマジックミラーの原理を聞いてみたところ、
きちんと図を描いて正しく説明して見せた
(入射角と反射角が同じといった物理用語も使いこなしてた)
でも実際に鏡を見せると途端にチグハグなことをしだす
最初は冗談で演技してるのかとも思ったけど
髪型も口紅とかもかなりぐちゃぐちゃなのに平然としてる
もともと身嗜みやオシャレにすごく気を使う人なので
そんな状態でずっと平然としてるのは演技とは思えない
短期間ならともかく退院後数か月もずっとその状態で、
そのまま外出もしようとするので祖父や私の母が直してあげてる


一番不思議なのは祖母は自分がそういう状態なのを自覚してないということ
いくら鏡のことを説明しても「鏡のことくらいちゃんと分かってるよ。
さっきからあなたは何を言いたいの?」とキョトンとするだけ
化粧がちゃんとできていないということを説明しても
「あなたが何を言いたいのかよくわからない」と困惑してしまう


知能に問題が無くて鏡の概念もちゃんと理解してるはずなのに実際の鏡を理解できず、
自分の化粧が変であることも理解できず、そもそも以前の自分と今の自分の違い自体を
自覚できない、そういう状態になることがあるっていうのがすごく不思議だ
祖母のそういう状態を見ると案外自分にも脳の一部に異常があって
異常な行動をしてるのに自分では自覚できていない可能性もあるんじゃないか
という気がしてくる



最新記事