引用元:今までにあった修羅場を語れ【その29】

228: 名無しさん@おーぷん 21/07/02(金)19:05:27 ID:uk.34.L1

当ててはいないが人に向けて発砲したことがある。
元夫のD〇で離婚した後、仕事の都合で長く海外行くことになりそのまま移住を選択し
その国に帰化した。(VPN使って書き込んでいる。)


そこから数年普通に暮らしていたがある日近所のスーパーで元夫を見かけた。
目が合いなんでいるのかと思ってたら元夫は去って行った。
何か嫌なことが起こると警戒していたら数日後元夫が家にやってきた。
対応すると、「お前を連れ戻しに来た。帰国して母の介護を手伝え。」とかふざけた事を言い
当然断ると元夫はかつてD〇した時のような荒い口調で捲し立てた。
以前の私だったら従ってたかも知れない、しかし私はこの国では時に女性も武器を持ち
戦士になるという事を学んだ。
予め玄関に置いておいたライフルを構え元夫に狙いを定めた。
本気で俺を撃つのかとビビる夫の側の地面に向けて発砲した。
元夫は腰を抜かし次は本当に当てると言うとそのまま逃げ出した。
この時元夫は丸腰だったのでもしかしたら正当防衛とか緊急避難とか成立しないだろうけど、
元夫は警察に何も言わず去ったそうだ。
それ以降は何事もなかったかのように平和だが元夫が
どうやって私の居場所を突き止めたのかは不明である。
外国は外国でも観光地ではなく一軒一軒距離がある閑静な住宅街だし、
両親は既に亡くなっていて友人や親戚にも国だけ言って日本を離れたので。
ついでに意外かも知れないが非力な女性には小さく見える拳銃よりも銃床あるライフルの方が
遥かに扱いやすい。仮にあの時威嚇射撃に使ったのが拳銃なら手元がぶれて
本当に命中していたかも知れない。


229: 名無しさん@おーぷん 21/07/03(土)23:14:12 ID:wA.le.L1

>>228
よくやった!


230: 名無しさん@おーぷん 21/07/04(日)04:13:12 ID:01.dn.L1

>>228
貴女は正しい
貴女は間違っていないですからね




最新記事