引用元:その神経がわからん!その68

626: 名無しさん@おーぷん 21/10/20(水)15:19:51 ID:Gz.ec.L1

俺の嫁は父親の不倫が原因で母子家庭で育った。
離婚以降、養育費は払わないし節目節目の行事にも興味が無かったようで、
30年以上会っていなかった。嫁も父親の顔を覚えていない。
「私がこの世に生まれる為の種を提供しただけの男」という認識だった。


ある日、嫁が仕事で俺が公休で家にいた時のこと。60代くらいの男が我が家を尋ねてきた。
挨拶も無しに「○○(嫁の名前)は?」と尋ねてきた。
俺は嫁との関係を聞き出した訳では無いのに、直感で嫁父だと判断した。
咄嗟に、「○○さんは確か前の住人ですよ。海外に越したはずです」と捲し立てた。
嘘がバレるのではと冷や汗をかいたが、嫁父は
「海外か!さすが俺の娘!やっぱり出来がいいのは俺の遺伝子だなぁ!」とゲラゲラ笑った。
嫁父は聞いてもいないのに、とっっっくに別れているずの嫁母の愚痴をこぼす。
嫁の口唇口蓋裂は嫁母の遺伝だと。要は良い所は嫁父から、悪い所は嫁母からだということ。
あまりに腹が立って、名前しか知らない人の事をアレコレ話されても困りますと言って
扉を閉めた。
嫁父は肩を落として帰っていくのを見届けて、嫁と嫁母に速攻連絡。
俺達夫婦は勿論だが、嫁母も引越しを検討した方が良いと伝えておいた。



最新記事