鬼女の花園

カテゴリ:

  • カテゴリ:
引用元:既婚男性/既婚女性の雑談(双方質問)★5

561: 名無しさん@おーぷん 2016/01/06(水)22:54:45 ID:Jsz
取り込み中に割り込みすみません。
地雷を踏んだかもしれない。


自分は同い年の嫁と二人暮らし。結婚してそろそろ三年。
正月に、嫁友が離婚したことを知った。嫁友のW不倫が原因。
【嫁の親友がW不倫の末に離婚していた。ショックを受けてる嫁に「類友だから、嫁も意外と不倫とかしちゃうタイプなのかもな」と言ってしまった】の続きを読む

  • カテゴリ:
引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談Part19

699: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)16:06:59 ID:a9M
相談をお願いします。
自分の嫁さんに自分と結婚生活を送ってる意味ってあるのかな、
って気になっています。

せめて感謝の気持ちとお礼をしたいです。
【収入が俺の4倍の嫁さんは結婚生活送ってる意味ってあるのかなって気になってるので、感謝の気持ちとお礼をしたいんだけど…】の続きを読む

  • カテゴリ:
引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談Part19

623: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)22:17:01 ID:jke
嫁が自分んち実家の正月のあいさつを極端に嫌がる
なんでなんだ?
なんか女性って自分ちの実家好きじゃないの??
【嫁が嫁実家へのお正月の挨拶を極端に嫌がるんだけど、女性って自分ちの実家好きじゃないの?】の続きを読む

  • カテゴリ:
引用元:嫁さんの実家での過ごし方がわからん


1: 名無しさん@おーぷん 2015/12/29(火)14:07:01 ID:4W9
何もしないのも所在なくて落ち着かないし
かといって、人様の家でうろうろするのも違うし


子供連れてどっか行くにも嫁さんのパッパの車に乗っけてもらわないと、
公園くらいしかない


どうすりゃいいのよ
【嫁さんの実家での過ごし方がわからん】の続きを読む

  • カテゴリ:
881: 名無しさん@おーぷん 2015/08/27(木)18:06:02 ID:VTq
重い話だけど。
元嫁に頼み込まれて再構築のために努力した期間が修羅場だった。


元嫁はいわゆるエネ夫の女バージョンで、
こんな単語はあるか知らないけど、エネ嫁だったのよ。
【嫁がエネ嫁で俺両親や、学歴、職歴をバカにするので離婚を申し出たら「今さら働けない」とすがってきた】の続きを読む

  • カテゴリ:
386: 名無しさん@おーぷん 2015/12/18(金)17:00:21 ID:f07
土曜日に妻が高校の時の友達(みんな女性です)とディナーを
食べに行くって言うから、行っておいでっていって、
帰りに車で迎えにいった。


妻はいつもお酒とかをほとんど飲まないんだけど、
その日はベロンベロンでこそないけどかなり酔ってた。
【嫁が酔っぱらって帰ってきて「みんなそれぞれの好きな人と結婚できて、生活を送ってる。私は片方はあきらめざるを得なかった。」と布団に入って泣いていた。】の続きを読む

  • カテゴリ:
209: 名無しさん@おーぷん 2015/12/17(木)00:03:24 ID:VbA
俺はされた側だけど、嫁のくだらない仕返しの話


嫁はだし巻き卵が好きで甘いのは苦手
俺は甘い卵焼きが好きだが嫁の作る卵焼きはなんだって美味しい
【【ほっこり】嫁が俺に仕返ししたいらしいが、空回りばっかりしとる】の続きを読む

  • カテゴリ:
162: 名無しさん@おーぷん 2015/07/12(日)12:06:17 ID:l7k
普段から嫁に飯マズ飯マズ言ってたんだが、
先日入院することになり、病院食のあまりのまずさに涙が出た。


入院の原因は足の骨折だったから、普通に腹も空くんだよな。
【嫁に飯マズ飯マズって言ってたんだが、俺が味覚障害だった】の続きを読む

  • カテゴリ:
698: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)23:05:33 ID:cUn
寝る前に先日起きた修羅場もどきを。


妻の妊娠を期に学生の頃からの趣味(仮にプラモ)に費やす時間が無くなり
子どもが産まれて数年経つ頃にはガラクタとまではいかなくても
大量に手元に置いておく必要性を感じなくなった。
【俺が逝ってしまうんじゃないかと思い込んだ嫁が妻両親&俺両親も呼んで俺の説得をしてきた】の続きを読む

  • カテゴリ:
635: 名無しさん@おーぷん 2015/12/12(土)14:35:43 ID:iqW
浮気された側。


別れてほしいって言われたときは、怒りじゃないけど、
すごい複雑な気持ちで、こっちももう一緒には暮らせないなって思って
離婚した。
【嫁が浮気して離婚になったのに本当は帰ってきて欲しい】の続きを読む

このページのトップヘ