鬼女の花園

タグ:従兄弟

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その21

592: 名無しさん@おーぷん 2018/03/12(月)23:37:31 ID:EyU
すげえ、と思った兄嫁のキラキラネームに対する意見
文才ないし一字一句覚えているわけじゃないから、伝わりにくかったらゴメン
俺の従兄弟とその嫁がはっちゃけちゃって、四人いる子供全員にキラキラネームつけた
例えば長女瞳愛(あいな)、長男虎愛(たいがあ)、次女兎愛(らびな)、次男聖愛(せいあ)
避妊せずに考えなしで作っちゃったらしくて、全員ほぼ年子みたいになってしまってる
もちろん面倒を見るのは従兄弟の親たちで、頻繁に祖父母ん家にも預けてる
【キラキラネームの従兄弟の子供、瞳愛(あいな)虎愛(たいがあ)兎愛(らびな)聖愛(せいあ)を兄嫁が一番、二番、三番、四番と番号で呼びだした】の続きを読む

引用元:何を書いても構いませんので@生活板51

779: 名無しさん@おーぷん 2017/10/25(水)14:16:08 ID:PdE
海外在住の旦那従兄弟が来日して我が家に遊びに来た
従兄弟は両親ともに日本人だけど、生まれた時からあちらで
今回が初めての日本旅行
言葉はカタコトで「ニホンゴ スコシ ダイジョウブ」みたいな感じ
【海外在住の旦那従兄弟が初めて盆提灯を見て大感激!結婚式で使いたいって言いだした】の続きを読む

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・ 悩み・相談 part64

488: 名無しさん@おーぷん 2017/03/08(水)18:37:55 ID:kVa
イラッとし過ぎて、愚痴吐かせてほしい。
私より年上の従兄弟。
従兄弟の結婚式のとき、座席のメッセージカードに
「先に結婚して悪いな」って書いてあって?と思った。
従兄弟なりの照れ隠しかなと思ってスルー。
【母の葬儀に来た従兄弟家族が葬儀が終わると「折角、来たから!」とディズニーの本をがしてはしゃぎ出した】の続きを読む

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・ 悩み・相談part63

118: 名無しさん@おーぷん 2017/02/22(水)11:27:45 ID:ap3
相談いいですか?初心者なので、失礼があったらすみません。長いです。


弟と義妹とのかかわり合いに悩んでいます。
子供の事を考えて我慢して付き合いをするべきなのでしょうか。
【弟と弟嫁と疎遠にしたいのですが、私に従兄弟との楽しい思い出を作ってあげたいのなら我慢しないといけないかなと悩んでます】の続きを読む

引用元:今までにあった修羅場を語れ【その19】

307: 名無しさん@おーぷん 2016/11/12(土)19:55:35 ID:dBe
東日本大震災のときに、旦那の従兄弟一家が被災した。
従兄弟の嫁と長男は残念ながら死亡し、
従兄弟(30代)と長女(7歳)、次男(2歳)が生き残った。
旦那と従兄弟は幼馴染の様な感覚で育っており、
互いに結婚して離れて暮らしてもたまに会って飲む仲だった。
【東日本大震災の時に旦那が許可なしで従兄弟一家を迎え入れた。そしてケアや世話は私にまる投げしてきたので私は逃げた】の続きを読む

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part28

516: 名無しさん@おーぷん 2016/03/12(土)17:06:21 ID:pJQ
相談させてください。従兄弟の大学受験が終わって、結果としては
私大1、公立1に合格していてお祝いムードだったのですが、
1年間家庭教師した分の給料を「お祝い代わりにタダでいい~?」と
従兄弟母に言われました。
【時給1.5倍出すからと言われ従兄弟の家庭教師をしたんだけど、1年分の給与を「お祝い代わりにタダでいい~?」と 従兄弟母が言ってきたんだけど…】の続きを読む

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談Part21

963: 名無しさん@おーぷん 2016/01/25(月)14:46:27 ID:fi7
結婚式の招待客に対して少しもやっとしてます。
相手か私のどちらが非常識かご意見下さい。


今回親族のみの小さな挙式にする予定でした。
私の方は母方の祖父と両親と兄弟のみです。
私の従兄弟は丁度不幸ごとが重なってしまい、喪中なので欠席になることが
予めわかっていました。
【結婚式に「花嫁が見たい」という好奇心で既婚・赤さん持ちの親しくない旦那の従兄弟が招待してないのに出席したいと言ってきた】の続きを読む

皆に相談を…ていうか教えてほしい。

今朝方、従兄弟(40代男)からLINEが来た。
正月から嫁と喧嘩した、と。
どのタイミングで謝ればいいのやら…って。
その喧嘩の内容が正月の過ごし方。
【従兄弟がお正月なのに惣菜とお菓子しかご飯に出してもらえなくて喧嘩したって相談が来たんだけど、嫁が悪いと思うんだけど】の続きを読む

このページのトップヘ