引用元:その神経がわからん!その21

142: 名無しさん@おーぷん 2016/06/12(日)09:23:11 ID:nbe
昔、夫が慕っている父方の祖母に婚約の報告に行ったことがある。
そこは徳島の藍染の町で、婚約のお祝いにと反物をプレゼントしてくれた。
そして和裁が趣味の私の祖母が、それで浴衣を縫ってくれた。
その後結婚してふたり子供を産んで膨らんでサイズ的に着られなくなって、
袖を通したのは5年ぐらい。
【祖母達からの思い出の浴衣を弟嫁が箪笥から盗み、間男と会う時に着て行っていた】の続きを読む